1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【★音楽活動もネットやTV,ラジオの発達で変わって来たライブ事情】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【★音楽活動もネットやTV,ラジオの発達で変わって来たライブ事情】-
★音楽活動もネットやTV,ラジオの発達で変わって来たライブ事情
80年代や90年代のリスナー達は、アマチュアバンドのライブ情報をフリーペーパーや雑誌、フライヤー等で情報を仕入れて自分のお気に入りのアーティストを探す時代でした
、なのでライブハウスも活気があったのですが、2000年代に入りTVやラジオのメディアの発達、そして一番大きな影響が携帯電話の発達とHPの発達でしょう!これによりリスナー達は探しに行く時代から、情報が来るのを待つ時代になり、リスナー達はメディアからの情報を待って動く時代になりました、なのでライブハウスも10年、20年前と様変わりし集客もかつての5割程度に減っています、こんな事情踏まえてやはりアーティストの皆さんも、当方やライブハウス、音楽事務所さんもライブの有り方を考えてなければならない時代になって来ていると思います。
またアーティストさんも10年、20年前とは人との交流の仕組みが大きく変わっているのも事実ですし、それぞれのアーティストさんのオリジナル曲のクオリティーも下がっていますので、ファンや知り合いへのライブの営業も苦戦しているのも現状です。
もっとオリジナルの特にメロディーラインの綺麗な印象に残る楽曲も作り、ボーカルや演奏のクオリディーも上げないと益々ファンや知り合いも離れてゆく危険があります、また
ライブの回数も考えましょう、やはり同じ地域であれば月1回でしょう、ファンや知り合いにライブに来てほしいなら、営業ライブ(他の出演者さんのお客様をあてにする)で自身がノルマリスクを負うなら何回でもいいと思いますが、ライブをすればする程ファンや知り合いが増える20年、30年前の時代ではない事も頭に入れて行動しましょう

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中