1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【★ライブをする事の目的や有り方、考え方を変えなければならない時代】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【★ライブをする事の目的や有り方、考え方を変えなければならない時代】-
★ライブをする事の目的や有り方、考え方を変えなければならない時代
90年代まではこの項でもお話していますが、リスナーの皆さんは雑誌やフリー雑誌、フライヤー等でアーティストを探す時代でした、なのでライブハウスも今よりは3,4割り多かったのですが、2000年代に入りいろんなメディアの発達でリスナー達は自分達で探しに行かなくても待っていれば情報が来る時代です、かつてはライブをすればする程他のアーティストのお客様も自分のファンにしてお客様も増やして行ける時代でしたが、今はそんなお客様も少ないのが現状です、あなたのお客様で他のバンドさんに興味ある方どれくらいいますか?多分0人に近い数字と思います、なのでライブの有り方が変わっている時代と思います、原点に戻りやはりライブは皆にお披露目するのを主たる目的にしなければならないのではないでしょうか?コピーバンドさんのライブなんかそうですね?見に来てくれるお客様にどう楽しんでもらうか?内容やまたライブのピッチなんかお客様の目線で考えている方が多いように思います、オリジナル中心のバンドさんもやはり今居るお客様に、そして初めてライブ見に来て頂けるためのお披露目が主たる目的になりそう気がします、そう考えた時やはりプロと同じように1年どこでどんな内容のライブをするか?
計画が必要に思います。

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中