1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【音楽で上を目指す方も、趣味で活動の方も音楽とどう付き合ってゆくか!】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【音楽で上を目指す方も、趣味で活動の方も音楽とどう付き合ってゆくか!】-
音楽で上を目指す方も、趣味で活動の方も音楽とどう付き合ってゆくか!
今音楽活動目指す方も少しずつですが減る傾向です、少子高齢化もあり10年20年後にはかなり減るかもしれません、しかし音楽活動をやめずに活動している社会人バンドさんや、おやじバンドさん、年配バンドさんと言うと失礼になりますが、増えて行く傾向にあります。
日本も高齢化になってゆく将来の中でいい傾向のように思います、ただ若手のアーティストが減る事による音楽業界全体の影響は避けて通れません。
今目立つのはライブをするバンドさんが減る傾向にある事です、若手が減り社会人さん、おやじバンドさんが増えますが、かつての若い時程ライブをしてくれるか!と言えばやはり無理なのが現実です。
当方でも年間4回出演して頂いていた方が、年3回、年2回と最近は年1回しか交流できない方も増えています。
スタジオで練習して、そしてライブをして音楽シーンを盛り上げてほしいのが私も含めての希望ですが、現実はなかなかうまく行かないようです。
私も、かつては作曲や編曲活動をしており、つい最近年を取るにつれ、音楽を仕事にしているけど、やっぱりやりたい事はしたいな〜と思うようになりました。
理想ではありますが、メジャーやインディーズを目指す方も、社会人バンドさんも、おやじバンドさんも、仕事もしないと生活もできない、結婚もして人生も作らないといけない、就職に恋愛に生活等多々いろいろありますが、そんな中で好きな音楽、音楽活動とどうこれから付き合って行けばいいのか?考えてみてもいいのではないでしょうか?
私は、キッカケでDSを買い、外でも作曲や採譜ができるすぐれものを手にいれ、時間のある時外で喫茶店で曲作りができるようになりました。
何か皆さんも工夫して音楽活動をやめないで続けてください。

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中