1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【★ライブ回数は極力減らして営業活動も大切なやり方です。】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【★ライブ回数は極力減らして営業活動も大切なやり方です。】-
★ライブ回数は極力減らして営業活動も大切なやり方です。
先日東京で活動中の若手のスタジオミュージシャンと情報交換する機会がありました、日頃はさまざまなアマチュアアーティストのバックとして活動しているようです、その中でメジャーやインディーズを目指すアーティストは、ファンの数を増やす、ライブでの集客力がないと説得力もないというのが現実にわかっているので、東京で第一線で活動しているアーティストはそんなにライブ活動はしていないのが多いそうです。
固めてツアーや、1シーズンに1回程度、3マンやワンマンをして集客を固めているようです。
ライブのしない月は新曲作りや、スタジオ、そして一番大事な音源やフライヤーを各自持って一人でも多くのファンやライブに来て頂ける方を増やすために、個人個人に対して営業活動をされている方が多いと情報お聞き致しました。
私も最近この独り言でもお話していますが、ライブ回数は考えて計画を立てて、集客を入れるライブはどれにするのか?別に毎月ライブしてもいいのですが、では営業ライブ、一度ライブを見てほしい!というようなライブをどれにするのか?計画の必要性も大いにあると思います。
ライブをすればする程お客様が増えるという時代ではない気がします、もちろんお客様の増えるバンドもあります、そんな方はそれなりのオーラを感じる方が多いです。

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中