1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【★メジャーに近い位置目指すなら、まず目指そう300人ワンマン!】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【★メジャーに近い位置目指すなら、まず目指そう300人ワンマン!】-
★メジャーに近い位置目指すなら、まず目指そう300人ワンマン!
先日東京でメジャーとインディーズの中間的な立場のレーベルを目指す方とお話し、当方もこのラインに乗せる事ができる新人発掘や育成も益々力を入れますが、やはり意見は同じで、ファンの数や、ライブでの集客力が40,50人では無理というのが同じ意見。
私も日頃アーティストにもお話や、この項でもお話してますが、まずはワンマン300人を目指すのが大切と思います。
段階はあると思います、100人→150人→200人→250人→最終300人。
何故?ファンの数やライブの集客が大切なのか?
1、雑誌やTV,ラジオ等の地上波のメディアで取り上げてもらえるにはそれなりのレベル  や実績が必要(ただしお金を出して雑誌、TV,ラジオは別です)
2、音楽放送業界はビジネスの世界です、皆さんを支援に協力してくれる事務所、企業は
  ボランティアではなく仕事で接するので当然金銭的な収益が見込まれるのが当然。
3、CDを作れば、そしてライブをすればファンはお金を出してCDを買ってくれ、ライブの
  チケットも買ってくれる、その数が多ければ多い程皆さんの広告宣伝費の比率も上が
  るのです。
4、ライブで50人の方を500人にするには時間も経費も莫大にかかるかもしれません  が、現状300人を400人、500人にする方がリスクがかからない可能性があり
  ます。
上記は主な理由ですが参考にしてください。
1年〜2年で300人目指す事がいいでしょう?早ければ早い方がいいのですが?

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中