1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【音楽活動、解散になれば解散すればいい、大切なのはその後の活動。】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【音楽活動、解散になれば解散すればいい、大切なのはその後の活動。】-
音楽活動、解散になれば解散すればいい、大切なのはその後の活動。
バンドの解散というのは付き物、毎年1月〜2月が解散時期になります、この季節ですと進級や進学、また社会人さんは会社の転勤の影響も多々あります。
また、音楽性の違いや方向性の違い、4人や5人のバンドメンバーになると人間同士の
考え方や性格の違い等で解散もあります。
しかし、解散しないといけない時、メンバーチャンジが必要な時は思い切ってした方がいいと思います。
やはり方向性やベクトルが同じベストのメンバーでメジャーやインディーズを目指すべきです。
解散には勇気やパワーが必要です、時代的にバンドメンバーを見つけるのがたいへん難しい時代になりました、なので募集にはフットワークとパワーが必要になります。
私もメンバー集めの頃、まだインターネットの時代ではなかったので楽器店に毎週掲示板を張って頂けるようにお願いに上がりました、また雑誌もメンボにも必死で掲載して頂けるように動きました。
傷は浅いうちに直しましょう!と言うのがあります、思い切った行動も必要に感じます。

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中