1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【音楽活動の広告や宣伝はデジタルとアナログをうまく利用してみましょう。】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【音楽活動の広告や宣伝はデジタルとアナログをうまく利用してみましょう。】-
音楽活動の広告や宣伝はデジタルとアナログをうまく利用してみましょう。
今の時代はデジタルとアナログが混同している時代です、いろんな面でアナログがデジタルになる事はないと思います。
デジタルにはデジタルの良さや欠点もあり、アナログもいい点やデジタルには出来ない事もあります。
余談ですが、ここ数年ライブハウスもPA卓がデジタル卓になりました、最近は慣れましたがやはり大きく違います、時々アナログのPAのライブハウスに行き音聞くと、今でも
アナログのパワーはいいと思います。
簡単な違いは、デジタルは会場に面で聞こえ、アナログは立体に聞こえる、私だけかもしれませんが?話脱線しました。
音楽活動でのデジタルとアナログの使い分けは下記ではないでしょうか?

デジタル:自分達のHP作り、WEB間でのリンク、SNS等のコミニケーション
     楽曲の試聴はYOUTUBE。

まだまだアナログでないといけない点
大きな点はファンやライブでのお客様とのフェイスtoフェイスのコミニケーションです、これはデジタルではできない要素。
そしてライブやコンサートです、ファンやライブに来るお客様はCDでは味わえない、
生のリアルなアーティストを見たい、音楽を聴きたいのです。

デジタルとアナログうまく使いましょう。

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中