1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【ライブハウスやイベント制作会社に甘えたり、批判する前に自身を磨け。】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【ライブハウスやイベント制作会社に甘えたり、批判する前に自身を磨け。】-
ライブハウスやイベント制作会社に甘えたり、批判する前に自身を磨け。
先日とあるライブハウスの店長やマネージャーが激怒していました、
ライブのブッキングで自己中心や努力しないで楽して目的を達成し
ようとするアーティストが増えて来たと。
ライブでもいいバンドさんのブッキングに入れてほしいとか、順番
が悪かったのでダメだったとか、対バンの内容が悪いので私たちも
ダメだったとか等、そんなアーティストに限ってメジャーを目指し
いるがどうしたらいいとか?メジャーにはほど遠いアーティストが
多いようです、本音ですがライブハウスの店長やブッキング担当は
呆れていますし、こんな考えのアーティストは支援する気もないの
が正直な話しです。
私はこんなアーティスト程進歩もしないし、結局解散している方が
多いです。
特に最近若いオリジナルのアーティストがダメになるケースが増えて
います。
社会人バンドさんはオリジナル、コピーバン問わず元気です、また
若いコピーバンドさんも元気です、ライブも盛り上がりますし集客
力も高い、それはライブというのが年間通してそんなに数が多くな
いのです、だから1回1回のライブを大切にして充実させ、お越し
頂いたお客様に見せる意識が強いのです。
3マンやワンマンも出来るような若いアーティストの方はライブ
の回数は少ないです。
今ライブの価値を問われる時代になりました、たくさんライブを
すればいいと言う時代ではなく、少ない1回1回のライブを大切に
し、各出演者の方がチケットを販売したお客様にどうライブを見て
頂き、そして次につなげられるライブが出来るかです。
残念ながら多くのアーティストさんのライブはもっとクオリティー
を上げる必要があります。
参考になるのはワンマンも出来るようなアーティストのライブを見る
そしてメジャーアーティストのライブも時々見る事と思います。

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中