1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【ライブは誰のためにするのか?しっかり理解して予定を決めましょう。】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【ライブは誰のためにするのか?しっかり理解して予定を決めましょう。】-
ライブは誰のためにするのか?しっかり理解して予定を決めましょう。
こんな話しをするとライブハウスさんからお叱りや批判が出るかもしれませんが、
しかし一部のアーティストさんは気が付いてますのでお話します。

ライブハウスさんからブッキングを誘われたら、私が前の項でお話した何の目的
でライブするのか?考えましょう。

いいバンドさんが出演するので対バンしませんか?と声をかけられるのが多いと
感じますが、いい有名人との対バンも実績になります、しかし参加ノルマがある
以上そんないいバンドさんのお客様がこちらのファンとして取れるのか?また
こちらのファンやお客様が提案されたいいバンドさんを見たいと思うのか?よく
吟味した方がいいと感じます。

また、ライブハウスさんも甘い内容で誘う方も多いようです、以前偶然にも全く
同じ内容の文面でバンドさんを誘っている事がわかり、その方は憤慨してました。

今たくさんのバンドさんがライブハウスさんから声をかけられ、月2,3本の
ライブをしています、ライブするが大好きで単にライブバンドの意識で活動し
ているのであれば月2,3本、参加ノルマも負担してライブするのもいいでしょう
、しかし、つい最近も知り合いのバンドから相談があり、ライブばかりしていて
計画性がなかったと話しているバンドさんが現実居ます。

また、ライブハウスさんのブッキングの誘い方に大きな不満を持つ方も少しず
つ出ているのも現実です、個人的な意見ですがライブはアーティストが自主性
を持って決めるのがいいと感じています。

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中