1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【ライブで対バンを気にする方の方が、集客が少ない意見が多いのは何故?】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【ライブで対バンを気にする方の方が、集客が少ない意見が多いのは何故?】-
ライブで対バンを気にする方の方が、集客が少ない意見が多いのは何故?
当方のライブでもですし、他のライブハウスの店長さんやブッキングの担当
者の皆さんの意見の中で、ブッキングする際他の対バンを気にする方は当日
の集客は少ない意見が多いです。
多分ライブは下記の3タイプに分かれます
1、自分達のファンや知り合い、お客様のためにするライブ
2、お客様も呼ばないライブするだけのライブバンド
3、1も含めて自分達のプロモーションでするライブ

1に該当する方は年間そんなにライブもしていないのでお客様が集中し
ライブは比較的に多い
2の方のライブは、最近自分達のお目当ての方のライブが終われば帰る
ケースが多いので比較的お客様の少ない中ライブが多い
ただ、当日のお客様によっては6組殆どお客様が残るケースもあり、
こんな時はラッキー
3のケースが今回のタイトルに該当する理由かと?
しかし20年、30年前とは時代が大きく変化してしまい、厳しいのが
現実。
皆さん自身のファンやお客様によそのバンドさんに興味のある方はどれ位
いるか?少ない時は他のバンドさんも同じ状況です。
ただすべての方がそうではないですが。

時代が多様化し個人の趣向も違う中、一般ユーザーが受け入れしてくれる
ような楽曲やアーティストの人間性、ライブももう1回行きたくなるライブ
をしないと、なかなか難しい時代と感じます。

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中