1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【ワンマンチケットのチケットの売り方の前に活動のプロセスを】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【ワンマンチケットのチケットの売り方の前に活動のプロセスを】-
ワンマンチケットのチケットの売り方の前に活動のプロセスを
ワンマンライブするがどうすればチケットが売れるのか?の質問があります、全く無名の方が知らない方にチケットを売っても買ってくれないです、大切なのはいきなりワンマンライブをするのではなくて1年かけて計画する事です、そして少しずつ情報やファンを広げる事です。

ワンマンライブは約90分です、30分しかしていない方がいきなり90分の尺は厳しいのです、なので段階踏んで。

演奏時間30分で30人以上ファンを付ける

CD作りましょう

CD完成ライブ(レコ初ライブ)40分 集客50人目指す

東京、名古屋や近郊へのCDライブの決行

知り合い同志3組で3マンライブをし各自50人以上総数150人を目指す
※3組のお客様を出来るだけ自分達のお客様にする作戦を考える

知り合い同志6組程度で自主企画ライブ各自30人以上200人目指す
※3組のお客様を出来るだけ自分達のお客様にする作戦を考える

CD節目のワンマンライブの実施!上記の作戦実施で100人以上は可能では?

★どんなにいいポスターを作り、フライヤーを作りライブハウスに掲示や配置しても
 無名の方は誰も見て居ないです、これで成功するなら今たくさんのバンドさんがワンマンできても不思議ではないです、しかし実際は違います。
 もう時代は変わっています、便利な時代です、リスナーはライブハウスに行きいいバンドを探す時代ではないのです。
 ネットや携帯で便利になった分どれだけ人脈作りが出来るかです、人脈作りはアナログ
 です、私も人脈作りで月1,2回企業の名刺交換会参加しています、アナログなのです

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中