1. Top
  2. アーティスト支援 -和泉好紀の独り言 【オリジナル曲はA面B面の時代にさかのぼり曲作りの方法を考えるのも良し。】-
アーティスト支援-和泉好紀の独り言 【オリジナル曲はA面B面の時代にさかのぼり曲作りの方法を考えるのも良し。】-
オリジナル曲はA面B面の時代にさかのぼり曲作りの方法を考えるのも良し。
この話をすると年がバレそうですが、レコード盤の時代の音楽業界では、どの曲をA面にして、どの曲をB面にするかの戦略の時代でした、通常レコードのメイン、シングルがA面に、B面はこんな曲でもできる!やチャレンジ的な要素の楽曲が入ってました、しかしB面が大ヒットしたケースもあったと思います、今はCD時代、デジタルなのでたくさん曲が入っていても飛ばして聞ける便利な時代です、しかしリスナーの聞く側は人間なので昔も今も変わっていません、なのでCD時代でも最初の1,2曲目は重要ではないでしょうか?人気のあるアーティストなら別として、やはり多くの方が1曲目から聞き興味があれば2,3曲目を視聴機でも、HPでの視聴でも聞いてくれると思います、他の項でも伝えましたがアウエイの状態時にはCDでもライブでも1曲目は重要と思います、A面B面時代の音楽のリスナーへの伝え方、情報の仕方を原点に返って考える事も大切な事と思います。

和泉好紀の独り言一覧に戻る





相互リンク募集中